成功事例

TownWifi

GMOタウンWiFi 、
MAXの高度な最適化により
ARPDAU 8倍増加1

メディエーションソリューションを模索していた
GMOタウンWiFi は、MAX を導入することで、自社の
小規模なチームに負担をかけずに収益化戦略を最適化
することができました。AppLovin チームのサポート、
A/Bテスト、価値の高いネットワークの適切な
組み合わせにより、タウンWifi アプリ の eCPM は
60%以上増加しました。2

カテゴリー

ユーティリティ

マーケティング目標

収益化

TownWiFi

GMO

背景

「タウンWiFi by GMO」 は、アジアと米国の200万を超えるフリースポットへの WiFi 接続を自動化する日本のモバイルアプリです。

拠点

日本

従業員数

23名

設立

2015年

TownWiFi

GMO

課題

アプリ内広告を通じて
広告収益の最大化を図りながら、
内部リソースを最小化して、
ブランド体験を保護する

広告収益最大化:同社は、タウンWifi アプリの広告収益を最適化すると
ともに、セグメント化されたウォーターフォールやカスタマイズされた
デマンド構成で収益を増やすために必要な運用の取り組みに関連する、
開発リソースを最小化する方法を必要としていました。

ブランド体験:アプリは全ての年齢層に使用されているため、品質の高い
適切な広告を提供してユーザーエクスペリエンスを保護することは
GMOタウンWifi にとって非常に重要でした。

ソリューション

GMOタウンWifi が MAX を選んだ理由は、トップクラスのバイヤーネットワーク、高度な
最適化ツール、ブランド保護
機能、そして専門チームの
サポートがあったためです。

広告収益最大化:MAX を導入後、AppLovin の提案により、
GMOタウンWifi は価値の高いネットワークを追加し、
ウォーターフォール設定の微調整を行いました。
その結果、eCPM は60%2、ARPDAU は8倍1に増加しました。
さらに、新しい広告フォーマットである MREC
(ミディアムレクタングル広告) をアプリに追加する
可能性を見出し、別の収益源の開拓も支援しました。

ブランド体験:AppLovin の Ad Review 機能により、
タウンWifi のアプリに表示される広告を確認し、自社で
設定したカスタムルールに違反する広告を検出または
ブロックすることで、ユーザーエクスペリエンスが
改善されました。

成果

GMOタウンWiFi は MAX を活用してタウンWiFiアプリ
を収益化し、高度な最適化と新しい広告フォーマット
を活用して著しい収益増を実現しました。

Results stats
GMOタウンWifi は、AppLovin のガイダンスに従い、価値の高いネットワークの
適切な組み合わせと、ウォーターフォール設定を最適化するための A/B テストを
実行することで、 各インプレッションの競争力を高め、
収益増を実現することができました。

新しい広告ユニットを使用することで、GMOタウンWifi は広告収益の機会を増やすことができ、広告ユニットの中には CPM が200%増加したものもありました。3

まとめ

広告収益の増加

MAX の活用により、GMOタウンWifi は価値の高い適切なビディングパートナーを見つけることができました。
その結果、競争が高まり、広告ユニットのパフォーマンスが最大化され、ARPDAU が8倍に増加しました。1

ブランド体験の保護

MAX の Ad Reviewと QA 機能により、不適切な広告を
ブロックすることで、ユーザーエクスペリエンスが
改善されました。

収益を最適化し、ユーザーエクスペリエンスを改善

「AppLovin のおかげで、私たちは自社の成功をサポートしてくれるパートナー
を見つけることができました。AppLovin の専門チームのガイダンスにより、
新しいネットワークとセグメントの A/B テストを実施し、ウォーターフォールの最適化を推進することで、ARPDAU が大幅に増えて利益が増加すると同時に、
最適なユーザーエクスペリエンスを保持することができました。」

Kentaro Yamamoto
サービス企画部長

1AppLovin プラットフォームにおいて - 2021年8月 - 2022年3月
2AppLovin プラットフォームにおいて- 2021年7月 - 2021年9月
3AppLovin プラットフォームにおいて - 2021年8月 - 2021年9月



AppLovin を活用して、 新規ユーザーを獲得しましょう!

今すぐ登録
リソース 企業情報