デベロッパー

MAX Pro Tips 4: A/B テスト

by AppLovin Japan on 1月 18, 2023

AppLovin のメディエーションプラットフォームである MAX は、業界最大規模を誇るネットワークビディングパートナーの選択肢と堅牢な機能により、パブリッシャーが収益化の取り組みを強化、最適化するのをサポートします。第4弾となる今回の「MAX Pro Tips」では、A/B テストについて紹介します。デベロッパーは A/B テストを実施することで、収益化戦略やウォーターフォール構成に加えた変更の効果を計測し、その変更をオーディエンス全体に展開することができます。

課題

MAX のパートナーである大手ハイパーカジュアルパブリッシャー、A社は、世界中の数百ものスタジオと協業し、無料でプレイできるゲームを開発しています。同社のアプリは通常、短時間かつセッションベースのゲームプレイを採用しており、ユーザーのプレイ時間は1回数分あるいは数秒程度でしかありません。

このように収益化期間が短いため、A社はインプレッションアクティビティをユーザーレベルまで計測し、収益の増加率とユーザーの継続率を可能な限り詳細に管理しています。

同社チームは、新しい広告パートナーやウォーターフォール構成をテストして収益化への影響を理解し、スタックに加えた変更が収益増加と目標達成につながることを検証するためのツールを探していました。ゲームの短いライフサイクルで最大限の収益を確保するために、迅速に最適化を行う必要があったのです。

アプローチ

ウォーターフォール設定について学び、最適化を通して短い収益化期間中に最大限の収益を得るために、A社は MAX のビルトイン機能を活用し、ウォーターフォール構成と収益増加戦略の A/B テストを行いました。

MAXには以下を始めとする機能が搭載されています。

1. 容易かつ効率的なウォーターフォールモデル管理・複製

A/Bテストにより、A社はユーザーをテストグループとコントロールグループに分け、特定の広告ユニットに対する新しいウォーターフォール設定をテストしました。テストグループでは、ウォーターフォールモデルに新しいネットワークやネットワークの最低価格を追加するなど、変数の変更が可能で、その変更によって、コントロールグループに比べてテストグループに増分が生じるかどうかを観察することができました

MAX のユーザーベースの権限設定では、スタジオに特定のゲームへのアクセス権を付与し、アプリポートフォリオ内の広告ウォーターフォールモデルを管理できるため、関連性のないスタジオに収益化の詳細を公開する必要がなくなります。

さらに、ウォーターフォールの複製機能を活用し、既存のウォーターフォール設定を新しい広告ユニットにコピーして設定をカスタマイズすることにより、一つひとつのウォーターフォールモデルを1から手動で作成する時間と手間が省けました。

A社はアプリとフォーマットの組み合わせの固有のニーズに合わせて設定をカスタマイズし、素早く微調整をしながら、さまざまなウォーターフォール構成のテストを行いました。これにより、季節的な変化やその他の変数によって広告のパフォーマンスに大きな差が出ることを把握し、結果的にどの構成が最適かを見極めることができたのです。

2. A/B テストプロセスの自動化

MAX の Ad Unit Management API では、デベロッパーはウォーターフォールや広告ユニットの詳細をプログラミングによって作成・管理し、広告戦略を容易に自動化・最適化できます。

A社はこの API を使用して A/B テストを自動化することで、さまざまな価格、新しいビディングパートナー、広告表示頻度など、複数のウォーターフォールモデルの最適化を試し、テストによって収益を増加させることに成功しました。

3. UA 向上をサポートするユーザーレベルデータ

AppLovin MAX で A/B テストを行う際、さまざまなレポートにアクセスしてキャンペーンのパフォーマンスを理解することができます。これらのレポートにはユーザーレベルのデータが含まれており、アプリ内広告を閲覧したユーザーに関連するインタラクションや収益についての具体的な情報が得られます。

ユーザーレベルの収益データにより、A社は、集計データからは分からなかったパターンや傾向を特定しました。A/B テストの結果から得られた他の所見と合わせてUA キャンペーンの変更と改善を行い、収益化がユーザーのLTV離脱に与える影響を理解できるようになったのです。

全体の結果

MAX の A/B テスト機能を活用することで、A社は新しいパートナーやウォーターフォールの構成を今まで以上に素早くテストできるようになりました。さらに、ユーザーレベルのデータにより、データに基づいて迅速に UA 戦略を変更することが可能になり、最終的には、インタラクション期間の短いハイパーカジュアルゲームでも収益化の取り組みから最大限の結果を得ることができました。

ウォーターフォールや広告の設定を容易にテストし、効果のある施策を繰り返すことで自社の収益化戦略から最大限の結果を得るには、AppLovin MAXのアカウントチームにお問い合わせいただくか、AppLovin サポートチームにリクエストをお送りください

リソース 企業情報